地域の絆を可視化する

愛と信頼に満ちた社会はとても美しい。ただ、それらは計測しづらく、その恩恵にも気づきにくい。レシプロシティ・プロジェクトは、 人々へ安心して暮らせる環境をもたらすために、地域の社会的な繋がりすなわちソーシャル・キャピタルを可視化する営みです。

ソーシャル・キャピタルとは

人々の協調行動を活発にすることによって社会の効率性を高めることのできる、「信頼」「規範」「ネットワーク」といった社会組織の特徴

ロバート・パットナム

"Making Democracy Work"(1993)

つながり方が多様化する一方で、
地域のつながりは確実に希薄化している。

なにかにつけ相談したり、助け合えるような付き合い

34.5% 1973年
18.6% 2018年

●出典 隣近所の人との付き合い方 NHK放送文化研究所『日本人の意識調査』(1973-2018)

「信頼感」はどこへ消えた?

それはきっと今の社会では"見えにくい"だけ。
今日すれ違ったあの人も、あなたにとってヒーローかもしれない。

ソーシャル・キャピタルの可視化への試み

プラットフォームの構築

実現したいのは、ソーシャル・キャピタルの記録が集まるプラットフォーム。 地域に住む人の思いやり、大切にしていること、夢が蓄積されるプラットフォームを作りましょう。

感謝と感動を記録

このプラットフォームは、地域で見かけた善行や、人から受けた恩恵をデジタル情報として記録できる台帳。 あなたの記録が公開されることで、地域のソーシャル・キャピタルの証として共有されます。

恩送りの促進

ソーシャル・キャピタルが十分に蓄積された社会では、他人は自分の恩人の恩人であるもの。 恩人からの恩を送るように他人と接することで、めぐり巡ってあなたも、あなたの恩人も幸せでいられるのです。

令和元年公開予定

ウェブサービス"RECIPROCITY"が、ソーシャル・キャピタルを可視化します。地域のユーザーデータが増えるほど、次のことが見えてきます。

  • どんな価値観の人がいるのか
  • どんな助け合いがなされているか
  • 誰がどんな活動をしているのか
  • どこにどんな支援が必要か、など

プロジェクトメンバー

メディア

ミッション

RECIPROCITYの使命は、地域のソーシャル・キャピタルを可視化し、人々へ幸福追求に最適化された環境を提供することです。
人は夫々、RECIPROCITYを使って共感する価値観と出会い、そしてそれを守ろうとすることにより、大切にしている環境が保たれ、さらに質の高いつながりを呼び寄せます。

レシプロシティ・ジャパンは、プロジェクトに賛同いただける方からのご支援で活動しています。